Webエンジニアってどんなお仕事?

Webエンジニアとは、Webサイトやモバイルサイトなどで使用する、Webアプリケーションの開発やWebサイトの設計・構築・運営・管理までを手掛けるインターネットやWebの専門家です。
そのため、この仕事をしていくにあたっては、インターネットやWebに関する専門的な知識が必要です。
この知識をうまく活用し、プログラミングの技術を駆使して、最適なシステムを効率よく作る力が必要なのです。

Webエンジニアが手掛けるWebシステムは、半日でできる簡単なものから、1年近くかかる大規模なものまで様々な種類があります。
1つのシステムに集中するのではなく、複数のシステムを並行して開発していくので、計画的に進行・実行する力が求められます。また、開発途中で出てくる様々な問題や課題を、インターネットなどの多くの情報源を活用して解決していかなければなりません。

仕事内容を聞くと、一見難しそうな仕事だと感じるかもしれません。しかし、何年もかけて試行錯誤を繰り返し開発したシステムを、多くの人が喜んで利用している状況をみると、大きな達成感があり、今後もよい良いシステムの開発に挑もうと思える力をもらえるはずです。

また、現在ITの進歩が目覚ましく、人々のITへの関心がより高度になってきているため、Webエンジニアの仕事内容もより高度なものが求められ、より多くのシステムの開発を期待されるでしょう。
そのため、Webエンジニアの働く場もより充実したものになってきていると言えます。

多くの場での活躍が期待できるWebエンジニアの中には、フリーエンジニアへの道を選ぶ人もいます。
実際にフリーへと転身すると、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?
【フリーエンジニアその実態に迫る!】というサイトを見つけたので、気になる方は参考にするといいでしょう。